<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

英語の発表会

一年ほど前から下の娘が始めた英語サークル。
始めた当初は、んま~~~~~、ちっとも参加しようとせず、脱走の常習犯だったツキ。
でも一年近くたってようやく英語に興味を持ち始め、少しは参加するようになりました。
(しかしちょっとでも気に入らないと脱走癖は相変わらず…。)

今日はそんな英語サークルの一年の締めくくりの発表会。
テキストになっていた絵本の朗読(かわいい振り付き)と、Rain Rain go awayという歌の披露です。
ツキのクラスは1歳から3歳までの親子クラスなので、子どもだけの発表となるととてもまともにできるとは思い難い状態。
予想通り、発表の途中あちらこちらでマイクいじりやら、しゃがみこみやらが始まりましたが、それでもツキを含む3歳児たちはかなり奮闘しました。

ツキは歌の方は気に入って家でもよく歌っていたので大丈夫だろうと思ってましたが、朗読の方もなんとか最後までやってのけたのでホントよかったです。
本番に強いというか、要領がいいというか…。
こういうところ、ミーオにも分けてあげたい(汗)

発表の終了後は、修了証をいただいて帰ってきました。


春からは幼児クラスに進み、母親は一緒にクラスを受けなくなります。
気楽になる一方で、私自身ネイティブの先生の英語を聞く機会がなくなってしまうのはちょっと残念。
学生のころと違って、ようやく英語って楽しいなと思えてきたので、できるだけ子どもと一緒に英語を見聞きする機会を作ろうと思います。
恥ずかしがってやりたがらないミーオもそろそろ引っ張り出す頃かな?
無理強いは逆効果だから、なんとか自分で興味持ってくれるといいんだけど。
[PR]

by mkt3715 | 2010-03-22 23:05 | 日記

オリンピック終了 ~フィギュアって変~

オリンピックが終わりましたね。
フィギュアスケートはもちろん、他の競技もたくさん見れて楽しめました。

…が、一番好きなフィギュアスケートはひどいものでした。
選手は国内、国外問わず全員精一杯のいい演技をしたと思います。
最近やった女子シングルでいえば、
プレッシャーに負けず自分の長所を上手く生かし(もちろん短所は上手くごまかして)、ミスがほとんどない演技をしたキム選手。
トリプルアクセルをはじめ、最初から最後まで高難度な技を数多く散りばめたプログラムを滑った浅田選手。
直前にお母様を亡くすという状況の中、今持てる自分の力を発揮できたロシェット選手。
ほとんどの選手がオリンピックという舞台でいい演技をしたと思う。

最悪だったのはジャッジ。
彼らは審判するという立場にふさわしくないと思う。
選手たちは熾烈な戦いを繰り広げて見事だったのに、ジャッジですべて台無し。
4年間かけて選手達が必死に努力する中、ジャッジがしてきたのは自分たちの思い通りに順位やら評価やらを操作するルール作り。
全選手通して見ると、正当に評価しているなんてとても思えなかった。

それに日本のスケート協会とマスコミも最悪だったな~。
マスコミは色々としがらみがあるようなので、語りだすときりないし、すぐに変わりそうもない。
でも少なくとも日本のスケート協会はもっと頑張らなきゃいけなかったんじゃないかな。
見ていると『アホですか』というほど、選手を守れていない。

日本のスケ連さん、頑張ってください。
佐藤コーチは殿堂入りしたし、みやけんさんは今後世界でも注目される振付師になってきそうです。
せっかくコーチや振付師も世界的に評価されてきてフィギュア強国に追いつきつつあるのに、今のままでは甘く見られて一度目をつけられたら、今の日本選手以上に、コーチや振付師まで低評価で固まるようになってしまいますよ。

あ、あとダンスとペアへの協力もシングル同様によろしく~。
マスコミさん、ちゃんと取り上げてね。
参加したフィギュア選手全員が入賞です~って、入賞はならなかったけどダンスの2人も参加してるんですけどー!!
リード姉弟に失礼でしょ!彼らカッコイイし、上手だよ!!
[PR]

by mkt3715 | 2010-03-02 13:39 | フィギュアスケート